あなたの家に眠っているジャニーズグッズを高額買取できます!詳細はこちら

Snow Manメンバー全員が母親をママ呼び!タッキー副社長が暴露w

2020年1月にデビューしたジャニーズの9人グループ、Snow Man。

発売したシングル3枚全てがミリオンヒットを記録したり、冠番組「それSnow Manにやらせてください」の地上波放送が決定したりなど、その人気は止まることを知りません。

 

9人中8人が成人しているSnow Manですが、実は全員が母親のことを「ママ」と呼んでいるとの噂が!しかも、それを暴露したのはあの滝沢秀明副社長なのだとか!

バキバキのダンスやアクロバットでファンを魅了しているSnow Manが、本当に母親を「ママ」と呼んでいるのだとしたら、ギャップがありますね・・・!

 

では、本当に全員が「ママ呼び」をしているのか?ファンはどう思っているのか?

気になる噂について、詳しく見ていきましょう!

Snow Manのメンバーは母親をママ呼び!滝沢秀明(タッキー副社長)が暴露

滝沢秀明副社長は、どこでSnow Manの「ママ呼び」を暴露したのでしょうか?

それは今から約3年前、2018年2月放送のラジオ「タッキーの滝沢電波城」(ニッポン放送)の番組内で明かされました!

成人しているJr.はみんな「ママ呼び」!?

「仕事関係の方や友達の名前をどうやって登録していますか?」というリスナーからの質問に答えていくうちに、スタッフから滝沢秀明副社長へ「お母さんのことは”ママ”と呼んでいるか?」と質問がありました。

 

この質問に対し、滝沢秀明副社長は笑って「そんなわけないじゃん」と否定し、続けてこう言っていました。

「ママって呼んでいる人すごい多いんですよ。20代前半でもママって呼ぶ子が多いんですよね。
僕の後輩でも、成人しているJr.はみんなママって呼んでいます。

 

僕らの時代にはそんなのいなかったから。
だいたい小学校高学年くらいから”お母さん”呼びに変わっていく子が多くて。」

 

なんと!成人しているJr.の多くは「ママ呼び」であることを暴露!

ですが、これだけでは「ママ呼びしている僕の後輩」がSnow Manとはわからないですよね。

滝沢秀明が渡辺翔太の「ママ呼び」をものまね!

ですが、番組最後のコーナーで、滝沢秀明副社長がジャニーズのタレントのモノマネをする「ジャニーズものまねコンプリート」というコーナーにて意外な事実が発覚します。

滝沢秀明副社長はSnow Man渡辺翔太のものまねを披露し、そのものまねの内容が「ママー!ママー!」というセリフだったのです!

 

さらに、「母親に対して怒ったときは何と呼ぶのか?」と渡辺翔太へ質問した際、渡辺翔太は「”ママぁ!!!”と強く言う」と答えたことも暴露。

滝沢秀明副社長は、「悪い言い方ですけど、僕らの時代は母親に怒る時とかって”クソババア”とかになるじゃないですか」とジェネレーションギャップに驚いていました。

 

番組放送当時、渡辺翔太はすでに25歳。滝沢秀明副社長は渡辺翔太に対し、「直した方が良いよ」と注意しているようで、あきれている様子でした。

Snow Manメンバーでママ呼びしてるのは誰?ママ呼びしていないメンバーもいる?

では、本当に全員「ママ呼び」なのか?

結論から言うと、9人中7人が「ママ呼び」していることが判明!

では誰が「ママ呼び」しているのか、1人ずつ見ていきましょう!

ママ呼びしているメンバー:渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平、岩本照、向井康二、ラウール

前述した通り、渡辺翔太は真っ先に「ママ呼び」していることを滝沢秀明副社長に暴露されましたね。

さらに、滝沢秀明副社長は「ふっか(深澤辰哉)以外は全員「ママ」って呼んでいます」と暴露しました。

 

「ふっか(深澤辰哉)以外」は渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平、岩本照の5人を指しています。

さらに新加入メンバーであるラウール、向井康二も「ママ呼び」しているメンバーです。

なかでも岩本照は滝沢秀明副社長に対し「ママって呼んでいない」と否定していたようですが、その否定も虚しく、「岩本照は否定していましたけど、裏を取りました。あいつ”ママ”って呼んでいます。」と暴露!

 

岩本照と言えば、182センチの長身にバキバキに鍛えられた筋肉が魅力ですね

クロバットも得意で、さらにSnow Manではリーダーであり、とても頼もしい存在です。

 

そんな岩本照が「ママ呼び」しているのはギャップが大きいですね!

宮舘涼太は普段は「ロイヤル」「国王」などと呼ばれている貴族キャラですが、普段は母親のことを「ママ」と呼んでいるなんて、かわいらしいですね。

 

佐久間大介は普段から明るく、阿部亮平も大変穏やかですが、やはり当時20代半ばの男性が「ママ呼び」していることはちょっと驚きです。

 

向井康二は、母親がタイ人、父親が日本人のハーフです。Youtubeや雑誌、ラジオなどでよく母親の話をしており、そのエピソードはどれも面白くほっこりします。

母親の話をする際、向井康二は「ママ」と言っており、過去の雑誌でも「ママって呼んでいるけど恥ずかしいから卒業したい」と言っているので、「ママ呼び」は確実ですね。

 

ラウールもハーフであり、母親が日本人、父親がベネズエラ人です。

また、現在17歳であり、Snow Man唯一の未成年メンバーです。

 

Youtubeやテレビ番組などでたびたび「ママ」と呼んでいるので、確実ですね。

187センチと長身ですが、まだまだ子供っぽいところもあり、グループ内でも末っ子なので、ラウールの「ママ呼び」はとてもかわいらしいですね。

ママ呼びしていないメンバー:目黒蓮、深澤辰哉

唯一、母親をなんと呼んでいるか不明なメンバーでした。

クールな印象があるので、「母さん」や「おふくろ」などと言っていそうなイメージですが、もし「ママ呼び」をしていたらとても意外ですね!

 

前述の通り、滝沢秀明副社長は「ふっか(深澤辰哉)以外は全員「ママ」って呼んでいます」と暴露していたので、深澤辰哉はママ呼びしていないようです。

 

なんと9人中7人がママ呼びしていることが判明!ラウール以外は全員20代半ば~20代後半です。

これには滝沢秀明副社長もジェネレーションギャップに驚きますよね。

Snow Manのママ呼びに対してファンはどう思っているのか

「ママ呼び」をしているメンバーのほとんどが20代半ば~20代後半ですが、ファンはどう思っているのでしょうか?

意外にも「可愛い」「ギャップ萌え」「母性本能がくすぐられる」など、好印象のファンが多いようです!

普段はダンスにアクロバット、さらに180センチ超えの長身メンバーが3人もいるなど、クールな格好良さが魅力のSnow Manですが、その普段の格好良さとのギャップがファンにはたまらないようです。

 

Snow Manだけではなく、Hey!Say!JUMPの高木雄也やSixTONESの田中樹、King&Princeの高橋海人など、「ママ呼び」が発覚しているジャニーズは少なくないので、ファンにとっては「あるある」なのでしょう。

また、滝沢秀明副社長が言うように、今の時代は成人していても「ママ呼び」は珍しくなく、ファンもそれほど驚きもなく受け入れやすいのかもしれませんね。

まとめ

今回は人気ジャニーズグループSnow Manの「ママ呼び」事情についてまとめてみました!

滝沢秀明副社長にラジオで暴露され、その他Youtubeやテレビ番組などでも発覚し、なんと9人中7人が「ママ呼び」していることが発覚!

 

今の時代、成人していても母親を「ママ」と呼ぶ人は多く、珍しくないみたいですね。

ファンも「可愛い」「ギャップ萌え」など好印象な様子です。

 

かっこいいダンスやアクロバットとのギャップを武器に、これからもどんどん活躍してほしいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!